アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

パソコンやサーバなどのストレージが破損したり、調子が悪くなって各種ファイルが読み出せないといった場合に、そのリカバリー作業を行い必要なファイルなどを救出してくれるのがデータ復旧会社です。
会社の多くは様々な機種や顧客への要望に応じてリカバリーをしてくれます。
例えばパソコンやサーバならば最もよく使用されるストレージであるハードディスクをその会社に送ることでリカバリー作業の後に依頼者に送り返してくれます。

また最近では出張によるリカバリー作業を行っている会社も増えています。
セキュリティの関係でストレージを外に持ち出すことが出来ない企業に特に重宝されているサービスです。
更にハードディスクだけでなくDVDやフロッピーディスクのようなメディアにも対応してくれます。

競合会社も多くサービスの質を競っているデータ復旧会社


競合会社が多く、サービスの質を競っているのがデータ復旧会社の現状です。
参入している会社は規模やサービスの幅も様々で、国内大手の電気メーカーから個人事業主が提供しているところまであります。
また専門の業者も多いのが特徴で、サーバ運営会社が小会社を設立をして経営をしていたり、パソコンメーカーが同じく小会社を設立して関わっていたりと親会社が有名なところも多数あります。
このような状況からサービスの質を競っている会社が多く、その内容も多様化が見られます。
一例を挙げるとパソコンだけでなく、業務用の大型ストレージやサーバーのリカバリーサービスを行なっている会社もあります。
またサーバー運営会社と提携を結び、恒常的にストレージの保全サービスを提供している会社も珍しくありません。

ハードディスクデータのリカバリーに必要な料金の詳細について


利用者が気になるのがハードディスクのリカバリーに必要な料金です。
一般にリカバリーの料金はデータの量によって変わってきます。
その基準はサービスを提供する会社ごとに違ってきますが、100Gバイトまでいくらといった具合や1Gバイトあたりいくらといった様に料金を定めています。
このため大量のリカバリーが必要な場合はその分料金が高くなります。
また復旧に掛かる日数も料金に大きく影響する要素です。
多くの会社は別料金を支払うことで最短で即日や翌日にリカバリーを終えることができるサービスを提供しています。
このため仕事の関係で急ぎの依頼をしたい、といった場合でもその要望に応えることができます。
このように料金の詳細はリカバリーの量と作業完了の月日が大きく影響をしています。

オススメリンク

万が一の保険

パソコンを使っている際に恐れていなければならないことの1つがハードディスクのクラッシュです。
ハードディスクはパソコンを構成する部品のなかでも、日常的な使用をしている限りでは最も壊れやす…Read more

自動バックアップの広まり

万が一、クラッシュしてしまった場合に吸い出すことが可能であるとはいえ、それで安心してしまうのはあまりにもリスクがあります。
完全に全てが元通りになるわけではないからです。

ま…Read more

関連リンク

BACK TO TOP